精神科で働く看護師

看護師の仕事は担当する診療科によって違っています。
オペ室担当と病棟担当でも求められるスキルは違いますし、看護師として求められることも違っています。

中でも精神科という診療科は他の診療科にはない難しさがあると言われています。
精神科病院は近年、うつ病やパニック障害といった気分障害を持つ人が増えたことや、高齢化が進んで認知症などの患者が増えていることから重要が増えています。
それにともない、精神科で働く看護師のニーズも高まっていますが、精神科は高い専門性が求められる診療科でもあるのです。

入院期間が他の診療科に比べて長いということも他の診療科とは違うポイントです。
入院期間は月単位、年単位となる長期入院も多いですし、その長い入院生活の中で患者と看護師のよい関係は必要不可欠です。
精神的な病を患っている患者とのコミュニケーションは他の診療科の患者とは違った難しさもあり、精神科で働く看護師には高いコミュニケーション能力が求められます。
精神科に勤める看護師には
・根気強さ
・精神的なタフさ
が他の診療科に比べて強く求められるといえます。

また、患者の状態によっては暴言をはかれたり、興奮状態になった患者に暴力をふるわれることもないとはいえません。
大人が理性を失って暴れるとなると女性の力ではどうしようもないことも多々あります。
そのため、精神科の看護師には男性が多いのも特徴のひとつと言えるかもしれません。

繰り返しますが、精神科の看護師には肉体的なタフさ、精神的なタフさが求められます。
しかし、メンタルに問題をかけている人とのコミュニケーションを日々重ねる中で、普通の生活の中では気づくことのできないような真理に触れることができるのも精神科勤務の看護師ならではだといえます。
精神科勤務を経験することによって、高いコミュニケーション能力を得たという看護師も少なくありません。

人とのより深いつながりを、人としてのあり方を学ぶためにはよい職場と言えるかもしれません。
精神科での看護師の仕事は「合う」「合わない」がはっきりする仕事とも言えます。
精神科といってもその幅は広いので、どんな形で患者と関わっていきたいと考えているのかはっきりさせて働く病院を選びましょう。
日常生活の援助や薬の管理以外にも精神科の病棟での看護師の仕事はたくさんあります。
作業療法やデイケアなどがあるのも精神科ならではの特徴です。

精神科の看護師について詳細が知りたい方はこちら
>>http://xn--c1yn3cb6d24u.com<<


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/